teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:14/3787 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ブローバイにLCC混入?

 投稿者:moony75メール  投稿日:2020年 7月19日(日)14時59分37秒
  通報 編集済
  久し振りに投稿します。福岡県在住のmoony75です。
2004年7月からTourerに乗っていて、現在26万kmオーバーです。

エアバッグの警告灯については、皆さまご存知と思いますが
修理は簡単ですので、一応紹介しておきますね。
https://ameblo.jp/19720319ok/entry-12534373382.html

さて、今回は我が家の75について相談です。
長文をお許しください。

2月半ば、パワーが出なくなり、VISをチェック。

3月初旬、エンジンチェックランプが点灯しました。
 スロットルに多量のブローバイオイルが溜っていたので
 低速側ブローバイホースにオイルキャチタンクを設置。

3月中旬、診断機の結果は「奇数バンクがフェールリッチ」で
 「O2センサーが原因」との思し召しがありました。
 でも、リッチは結果であって、原因は別にあると思うんですが…??

 この頃の症状として、
 回転数が3000rpmに制限されている感じでした。
 平坦路は何ら問題ありませんでしたが、
 高速での合流加速や登坂路でシフトミスを起こし、
 一気に2速(?)あたりまで落ちるため、
 回転は上がりますが速度は出ません。

 取り敢えずO2センサーを交換し、一応警告ランプは消えました。
 その後、インテークマニホールドの清掃などを重ね
 3000rpmの制限は外れたような感じですが
 エンジン不調は改善していません。

5月下旬、VISモーターを2個とも交換しました。
 エンジンの調子が戻ったような錯覚に陥ったのも束の間で
 相変わらずトルクが出ないため、
 高速道路の峠では80-90km/hを維持するのがやっとの状態です。
 インテークマニホールド内部のバルブが原因と考えており
 高価な部品なので、中古を探すことにしました。

6月に入って、LLCが減り始め、先に取り付けていた
 オイルキャッチタンクに水が混じるようになりました(下画像)。
 100kmの距離を走行すると、300cc強のLLCが減っており、
 ブローバイホースのキャッチタンクには100ccほど溜る状態です。
 ただし、エンジンオイル側に水が混入した形跡はありません。



今年は秋に車検を控えており、タイヤ交換とタイベル交換も必要です。
タイヤ交換は2年に1度の固定経費だし、タイベルは自分で交換できますが
エンジンヘッドは開けたことが無く… どうしようかな~と考えています。
何方か、御指南をお願いします。

https://ameblo.jp/19720319ok/entry-12575678546.html

 
 
》記事一覧表示

新着順:14/3787 《前のページ | 次のページ》
/3787