teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Re:内張り

 投稿者:リリー(lily220)  投稿日:2019年10月 9日(水)17時58分21秒
  スプレー糊とスティック糊で応急処置(と言ってもかなりしっかり直る)可能です。

スプレー糊は噴霧するスペース確保が必要です。
辺縁の生地がはがれかけているところをあえて大きくはがして、
垂れてきているところを中心に、スポンジの方をめがけて噴霧します。
ノズルを着ければ奥まで噴霧できますし、
リアランプの周囲を剥がして、そこからノズルを入れることも可能。

辺縁の仕上げはスティック糊(コンビニで売っている)を使用します。
スポンジがパサパサ付きますが、気にせず塗ります。
あとは生地を密着させれば終了。

これでかなり簡単に直ります。ものの15分程度?です。
耐久性は結構あります。処置してから数年もっていると思います。
生地は別として、スポンジがダメになってきたら、
たぶんこの応急処置では無理だと思います。

http://minkara.carview.co.jp/userid/186491/car/641449/profile.aspx

 
 

Re:ルーフ内張り落下(泣

 投稿者:moto_kyoukan  投稿日:2019年10月 5日(土)00時01分28秒
編集済
  ころな様、ZTのmoto_kyoukanと申します。

ルーフ内貼りの件ですが、75に限らず、欧州車の宿命のようです。メルセデスやBMW、Audiあたりのプレミアムブランドでも10年目途で発生するようです。内装業者の作業ブログなどで確認ください。

私も2016年にDIYで復旧しました。
みんからのブログに詳しい作業を載せていますので参照してください。

私の場合はドア内貼りとA・B・Cの各ピラーの内貼りも同時に作業しました。
ドア内貼り(こちらの方が難易度高し)は別としてもA・B・Cピラーはどのみち外しますし同じ生地を使うと統一感が出ます。、同時作業をお勧めします。

肝は、作業場所の確保と作業時間の確保です。晴れていれば屋根付きでなくても良いですが、清掃後との貼り付け後のルーフライナーを補完する場所は不意の雨に対応できることを推奨します。時間は余裕をもって、外しと清掃に1日、貼り付けと乾燥に1日、組み込みに1日の3日予定してください。上手くいけば1日目に張り付けまで、もしくは貼り付け組み込みを2日目の2日でも出来るかもしれません。

金額的には生地代2万、接着剤1万の3万円程度で大丈夫です。別に内装外し用へらやアセトンが必要ですが、それほど高額ではありません。

車両代替えで応急処置なら例えば細め短めの虫ピンやネジでルーフライナーに生地を固定する方法が考えられます。

ころな様の75が機関に問題ない個体なら自己補修での延命を期待します。疑問点あれば記憶の範囲でお答えします。

https://minkara.carview.co.jp/userid/276580/blog/p3/

 

ルーフ内張り落下(泣

 投稿者:ころな  投稿日:2019年10月 4日(金)01時35分9秒
  タイトルの通りですが、ルーフの内張りに使われている、起毛した布(?)が、剥離して落ちてきました。
今年の猛暑でノリがとけたんだと思います(未確認ですが、ルーフ内張り構造)は大丈夫と信じたい!
でまー。場所柄もわきまえずに実も蓋もなく言っちゃうと、税金や維持費などを勘案するなら、春先にでも中古のBMW 420グランクーペを軸に、買い換えを検討しています。
つーても半年は乗るので、ルーフ内張りがDIYで対応できるのならそれに越したことはありませんので、ご助言いただけましたら幸いです。
あるいは、工賃3万円前後で対応できるのなら、気に入ってる車ですから、数年寿命が伸びるかもしれません。
耐久度外視で、応急で修理可能か、さらにDIYでも根性次第でなんとかなるか、あるいは無理かだけでもご教示いただければ幸いです。
よろしくおねがいします
 

オールウッド完成

 投稿者:demantoidメール  投稿日:2019年 9月28日(土)20時05分26秒
編集済
  昨年の暮れからとりかかつていたオールウッド化が、ようやく終了しました。
手直し、作り直しを繰り返しての完成です。
カップホルダー、灰皿、シフトノブのベースパネルには苦労しました。
ウッドを貼ってクリア塗装をするとサイズが大きくなり、厚くなるため、納まらないケースが出てきます。
大きくなる分、あらかじめ削って、仕上がり寸法が元のサイズになるよう業者さんに仕上げてもらいました。
特にシフトノブのベースパネルにはスイッチ等が絡むため、二度も作り直しました。
長い期間、我儘にお付き合いいただいた業者(HZ Studio)さんに感謝いたします。
 

まいった。

 投稿者:Kameメール  投稿日:2019年 9月20日(金)01時12分21秒
  現実は修羅場というのは、胸に突き刺ささる。のんきな投稿をしてしまったと思い、自身、心穏やかでないです。ごめんなさい。病気の時計の進みが思いのほか速いのを知るにいたって、さらにグッときて言葉にならないです。

あ~でもなんかこう明るい風がぺるけさんにふいてほしい!!!

p.s. 前回の投稿、PKIでなく、TKIでした。失礼しました。
 

ありがとう、そして現実

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年 9月12日(木)20時13分27秒
編集済
  75は3年前に卒業しましたし、超お気に入りだったJaguarXEとも先月にお別れしました。
どちらも自分で運転しないと意味がないクルマです。
それに今や手は動かずシートベルトも引けませんしそもそも外出も難儀です。

こういうことはあまり書くべきではないかもしれませんが・・・
この病気は、硬直の痛みとだるさ、誤嚥の恐怖、24時間なくなることのない筋肉の痙攣があり、ドラマに出てくるような静かな時など訪れることはありません。
それは重度の認知症も同じ、いずれも修羅場です。

こっちも必死ですから治験の情報は専門医から漏らさず得ています。
かりに参加できてもプラセボに当たるかもしれませんし、治療行為の併用は厳しく制限されます。
残念ながらある程度の延命薬しかなく、治験も認可まで普通は5~10年がかりですからその頃私は・・・


 

75

 投稿者:Kameメール  投稿日:2019年 8月31日(土)19時31分43秒
  ぺるけさんへ、

お盆の時期、帰郷=上京ということで、家族で関越自動車を東京方面に向かうとき、渋滞にはまるといつも、「ぺるけ版やってみないとわからない大科学実験(NHK風)」を実施してます。今年もやりました。

http://www.op316.com/rover/20020616.htm

そんななか、大病の報にびっくりしています。

私が服用しているPKIで、特定のALSに対しての治験が始まったようです。同じ薬剤を飲むようですと、またお仲間です。こういった治験がどんどん奏功し、穏やかに寛解のときが流れることを望んでやみません。

久々に75に乗りたいと思ったら遠慮なく言って下さい。都合つけて上京しますよ。

Kame@Niigata
 

ROVER賛歌に感謝!

 投稿者:ほえだんな  投稿日:2019年 8月 2日(金)15時14分13秒
  ぺるけ様、そして皆様、

ぺるけ様のご報告に驚くばかりです。心中お察し申し上げます。
職業柄、障害のある方と接する機会が多いのですが、この症状は障害の程度や進行の度合いがさまざまなようです。可能な限り穏やかに過ごせますよう祈るばかりです。

思えば、ローバー600のオーナーのときからお世話になりました。
ぺるけ様から頂戴しましたローバー600のオリジナル・ヘッドレストカバーは、次のオーナー様にもご愛用いただきました。
昨年、故あって4気筒1800ccターボのローバー75を手放すことになり、似たような大きさの欧州セダンに乗り替えましたが、月に200~300kmしか走らない日々が続いています...

私事ながら、わが家では、ここのところ父、そして私自身と入院が続いており、健康であることの大切さを、今もって痛感しているところです。
 

心よりお見舞い申し上げます。

 投稿者:moto_kyoukan  投稿日:2019年 8月 1日(木)15時01分21秒
編集済
  ぺるけ様、
先の参議院選以来、話題になっている原因不明・不治の病に侵されているとは、心中お察しいたします。
病気の進行、病状の穏やかなることをお祈りいたします。

思えば14年前、MG-Roverの破綻を機に600から在庫処分の75かZTか迷って、この掲示板に相談したところ、ぺるけさんから『どちらでも想いのままに』とのアドバイスをいただき、背中を押された思いで、超希少車のZTオーナーとなりました。

同じ東京、同じ主治医(私が追随したのですが)でありながら、あまりお会いする機会もありませんでしたが、私にとっても人生最高の愛車との縁を結んでいただいたこと感謝しています。

あれから早14年走行距離もこの6月に10万キロに達しました。車もオーナーも年は取りましたが、まだまだ元気で走り続けたいと思います。

 

書き尽くせませんが

 投稿者:こくとう  投稿日:2019年 7月31日(水)02時45分38秒
編集済
  心から御礼申し上げます。

「Heritage」の1番上のリンクにある幣原首相の話、私の子供たちにも、必ず語り継ぎます。

いま暫く、75と一緒にジタバタ進もうと思います。
 
 

感謝

 投稿者:黒猫のみゃーメール  投稿日:2019年 7月30日(火)18時43分35秒
  ぺるけさん

久しぶりにぺるけさんからの投稿があったことがメールで届きました。
早速掲示板を見ると、信じられない文字が。ALS?ぺるけさんが?
目を疑いましたが、何度読んでも同じ。

ぺるけさんとご家族の方々の心中をお察しすると、胸が熱くなります。

どの様にお声をかけて良いのやら、言葉が見つかりません。
ただ、ただ、感謝の気持ちでいっぱいです。
 

お知らせ

 投稿者:ぺるけ  投稿日:2019年 7月30日(火)17時34分50秒
  今年の春から手の様子がおかしかったのですが、
7月の検査で難病(ALS)を発症したことがはっきりしました。
進行性で治す手立てがない病気で、すでに発声障害があり、手はほとんど動かなくなりつつあります。
進行度合いからいって私の呼吸機能が停止する最終段階になるのも時間の問題だと思います。

ROVER 75からJaguar XEに乗り換えて3年経ちますが、先週売却しました。
身の回りのあらゆるものを手放して、今は自分の命と家族だけになりました。
75でのみなさんとの思い出もたくさんあります。
良きひとときをありがとうございました。

この掲示板は当分の間公開し続けますのでどうかお役立てください。


 

ガソリン臭はなし

 投稿者:ころな  投稿日:2019年 5月23日(木)00時38分13秒
  エンジン回してないのもありますが、ガソリンの臭いはありませんでした。
週末、燃料を送ってみて、再び臭いの有無を確認します。
ishiyama様に教わったとおり、(エアガン用の)オイルもさしてみます。
その際、素人考えの工夫ですが、ジョイントを含む周囲にベビーパウダーを軽く振ってみて、にじみの有無も見たいと思います。
屋根付き車庫保管&雨天走行ほとんどなしで「高価な置物」(走行距離3万km未満)にしてはいますが、惚れて買った物だけに、未練は強いですし。
ただ、場所が場所なのと「ガソリン」がらみだけに、命の方が大事かなーと思ったりもしつつ、それでも未練タラタラです(苦笑)
 

ishiyama 様 有難うございます。

 投稿者:ヒツジメール  投稿日:2019年 5月20日(月)19時34分23秒
  ishiyama 様

お世話になります、写真まで掲載していただき説明有難うございます、挑戦してみます。

ちなみにこの掲示板投稿のころな様のガソリンラインの抜けですが、私はエンジンルーム内ではなかったのですがフューエルポンプのエンジンに行く継手から抜けてガソリンがジャバジャバ漏れた経験があります。
こちらも同じカプラー形状なのでいきなり抜けました(高速を走っていたのでやけにガソリンが減るなと思いPA駐車して調べたら抜けていました、幸い全抜けでは無かったので走行は可能でした)
車内でガソリン臭があればチェックですね。

ishiyama 様  有難うございました。ころな様もこういう症状は外車に乗っていればリスク覚悟で車ライフをエンジョイしましょう。
 

ころな様へ

 投稿者:ishiyama  投稿日:2019年 5月20日(月)10時09分41秒
編集済
  抜けたのはフェールプレッシャー側のホースですね。
通常ではぬけませんし定番ではありません。

過去外してロック位置まで差し込んでいなかったか、脱着時に無理をして破損しているか?に
なると思います。
写真に見える四角い部分裏表(裏にもあり)を指で押しこみながら抜きます。
差し込む時はゆっくりといれればカチとロックされます。

シリコンスプレーなど吹いておくとロックされたかがわかりやすくなります(CRC556などは鉱物性なのでNG ゴム質を分解するため)

修理工場等が近くにない場合はご自分で構造、機能等を判断または監視等が必要になると思います。ガソリンなのでかなりの注意が必要です。

エンジン作動時はラインプレッシャー3,5Kに制御されます。75はリターン側がないので
タンク内プレッシャレギュレーターにてコントロールされます。

ジョイント部の損傷&ガソリン圧が制御されず4Kを超えていく場合はぬけてしまうかもしれませんね。

写真添付しておきますので、慎重に点検ならび対処してください。

自己責任になりますので、あくまでご参考程度でお願いします。
 

ヒツジ様へ

 投稿者:ishiyama  投稿日:2019年 5月20日(月)09時33分45秒
  セル作動時にエンジンルームからカチと音が出て回らないとなれば、セルモーター、バッテリー、
バッテリー端子等の不具合になります。
75のバッテリー端子は締められる量がきまってますのでかならず奥(下)まで差込んでから締め付ける必要(端子が回らない程度)があります。

バッテリーならび端子が正常であれば、セルモーターを外してマグネットスイッチ裏カバーを取り内部の状態を確認してください。接点の磨耗があり粉等が出てる場合はセル交換になります。
 

ガソリンジョイント(?)

 投稿者:ころな  投稿日:2019年 5月19日(日)22時58分49秒
  走行中にいきなりエンジンストップ。
ボンネットを開けてみると、これがスコンと抜けちゃってました。
イグニッションを回すと、ガソリンがブシュー! と吹きだして、周辺ガソリンの水たまり(?)でした。
JAFを呼んで、応急対応というか、ホースをジョイントに突っ込んでガムテ固定という荒技で急場を凌ぎましたが、「エンジンをかけると爆発リスクがある。牽引推奨」とのこと。
(覚悟を決めて、40km自走して帰宅しましたが/苦笑)
ただ、「本来は抜けるはずのない部品」で、「ジョイント部の不具合か、さらにガソリン取り回し、あるいはエンジンに謎のテンションがかかっていたのか不明」とかで、途方に暮れています。
内装・外観は新品同様をキープしているつもりですが、燃料系の不具合はリアル炎上から命に関わりかねません。
本格的な整備・修理ができる店も周囲200km以内にはないため、簡単整備で対応可能なら修理しますが……最悪、廃車も視野に入れつつあります。
JAFの兄ちゃんのブラフ、あるいは経験がないだけで、実はローバー75なら定番(?)の持病なら対応します。
類例と対策等ございましたら、ご教授いただければ幸いです。
 

ishiyama 様 ?な症状が出ました。

 投稿者:ヒツジメール  投稿日:2019年 5月18日(土)21時40分48秒
編集済
  ishiyama 様

色々お世話になっています、ヒツジです。
また今回?な症状が出ました。
以前この掲示板でセルモーター関連が載っていましたが、今回私の症状はセルは毎回一発でかかるのですが走行して、途中コンビニ等で車を止めて出ようとしたらセルが回らず何回か試しても掛かりません。

その後30分~1時間位(エンジンがある程度冷めた時)セルを掛けると一発で掛かります。
セル内部の接点摩耗は熱にも影響するのでしょうか、或いは他にも原因があるのでしょうか、私感ですがセルを交換したら症状変わらずが怖いので判断し兼ねる状態です。

(ちなみにエンジンが冷えてる状態では毎回一発で掛かります)

よろしく御伝授お願いします。
 

ishiyama 様 御伝授有難うございます。

 投稿者:ヒツジメール  投稿日:2019年 5月10日(金)20時27分1秒
  ishiyama 様

色々な情報有難うございます、ATですが大変そうですがエンジンを下ろさなくても出来ることが分かりましたので非常に参考になります。

しばらくは様子を見ようかと思います、大変ありがとうございました。

又、何かありましたらわがままなご相談させて頂く事があるかもしれませんので宜しくお願いします。

有難うございました。
 

ヒツジ様へ

 投稿者:ishiyama  投稿日:2019年 5月 8日(水)09時19分19秒
  パージバルブですが前回写真の中央下のものですね、
タンク内蒸発ガスを再燃焼させるために作動します。

条件としてはエンジンが作動温度に達したときならびアクセルがONのとき等

エンジンをかけて暖気が終わったころにカチカチと作動し始めます。正常です
ACC状態でアクセルをONにすると作動してしまうかもしれません。未確認です

機械的な故障で開きっぱなしの場合は空燃費がおかしくなるかもしれません。
逆に開かない場合は駐車時にガソリン臭がでる場合があります。

デフですがあまり壊れた話はないです。ドライブシャフトインナーにて多少の遊びはあります。

インナーのベアリングはニードルなのでカラーから外れ、再挿入したときにたまにバラバラに
なることはあります。この場合は加速時にひどい振動がでます。

ATおろしですが、フロントサブフレームを、ハブ、ロアアームごと下に外します。ショックは
ボディーに残し、エンジン後部をハンガーなどで固定して宙吊り状態にしてからAT本体を
下におろします。ボンネットも外す必要があるでしょう。リフト&エンジンジャッキまたは
ミッションジャッキは必要でしょう。かなりの重量があるので注意してください。

ご参考までに
 

レンタル掲示板
/188