teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


かわいい小鳥たちをもっと知ろう!

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2018年10月 4日(木)12時00分52秒
  小鳥たちと友達になるために
 北から南にかけ長い陸が連なる日本列島。亜寒帯や亜熱帯の地域も交え、変化に富んだ自然と概して温暖な気候は、スズメなどの留鳥に生涯の棲みかを与え、移ろう四季はシベ
リアや東南アジアなどから様々な渡り鳥を誘います。
小鳥は全て美しくたくましく生きています。また小鳥は私達ち人間の営みと深く関わり、暮らしを彩ってきました。時折窓辺や庭にやって来て、かわいい姿で鳴いていたり、突然田畑に降り立ったキジやコサギの姿が私たちを驚かしたりします。ハクセキレイのように、なぜか川のそばの暮らしを止め、都会の駐車場などを走り回っている姿をよく見かけます。またツバメのように家の造りが欧風化するに従い、逆に巣を作るのに住宅難の問題が
生じています。
身近ではあっても実はよく知らない野鳥の暮らし。それぞれの環境の中でけなげに生きています。バードウオッチングも盛んな昨今、小鳥たちとより仲良くなるために、春夏秋冬の小鳥たちとその生態の詳しい紹介を試みました。

「かわいい小鳥たちをもっと知ろう!」(冬)
主 催 アストライアの会  協 力 日本セカンドライフ協会
ゲスト 小林みどりさん (公財)日本野鳥の会埼玉・副代表
日 時 平成30年11月21日(水)午後2時から5時
会 場 豊島区駒込地域文化創造館第4会議室(JR駒込駅北口より徒歩約2分)
費 用 お茶代込み参加費二千円  連絡先 TEL049(258)3218 松原まで
備 考 画像を駆使したビジュアルなお話し。後半はゲストを交えたお茶会です。


http://www.gilishya-shinwa.com

 
 

ナナフシ

 投稿者:田口  投稿日:2018年 9月 6日(木)19時51分16秒
   強風が吹いた次の日にナナフシを見ることが多い、
 という私の経験則どうり 台風21号が過ぎ去った後 家の庭でナナフシを見つけました。
 どこからか飛ばされてくるのでしょうか?
 

アカボシゴマダラ

 投稿者:田口  投稿日:2018年 8月30日(木)22時08分28秒
   8月の中旬から下旬 小さなエノキにアカボシゴマダラの幼虫がよく見られます。
春型から夏型が生まれ今見ているのは夏型の子供にあたるのだと思います。
これが成虫になり卵を産み幼虫になって越冬するのでしょう。4代も回る?
 

ヘイケボタル

 投稿者:田口  投稿日:2018年 6月29日(金)23時04分6秒
  毎年やっているのですが 下の田んぼ沿いの道でヘイケボタルが何匹見られるか数えてみました。
今年は約159匹で去年は約60匹でした。だいぶ増えてきました。
これがゲンジボタルならたいしたものですが。 
 

アカボシゴマダラ春型

 投稿者:田口  投稿日:2018年 5月17日(木)22時32分15秒
   アカボシゴマダラの春型がもう羽化しているはずです。
 白い春型が4から5匹コナラに付いているのを見ました。

http://分布

 

アカボシゴマダラ幼虫

 投稿者:田口  投稿日:2018年 4月20日(金)21時00分52秒
   幼虫の写真を添付するのを忘れていました。

http://分布

 

アカボシゴマダラ幼虫

 投稿者:田口  投稿日:2018年 4月19日(木)22時20分57秒
   去年アカボシゴマダラ幼虫を見つけた小さなエノキでアカボシゴマダラ幼虫らしきものを見つけました。夏の幼虫と少し違って縞模様になっていました。エノキの新葉が茶色なのをまねているのかもしれません。この幼虫がかえって春型のアカボシゴマダラになるのでしょう。

http://分布

 

アカボシゴマダラ蛹

 投稿者:田口  投稿日:2017年 8月27日(日)20時12分58秒
   アカボシゴマダラ幼虫もそろそろ蛹になるころです。探していたところやっと見つけました。
蛹は葉っぱそっくりでした。

http://分布

 

アカボシゴマダラ幼虫

 投稿者:田口  投稿日:2017年 8月13日(日)22時33分5秒
   家の周りだけでなく他にもいるのではないかと思い道端のエノキを調べてみました。
 いましたよ!10匹近くを見つけることができました。けっこういるもんです。
 しかしなぜ小さいエノキにいて大きなエノキではないのか?
 卵から孵った小さい幼虫用に柔らかい若葉が必要なはずです。しかし大きいエノキは新緑の季節をすぎ固い葉ばかり。小さいエノキにはまだ若葉が付いているためかもしれません。
 

http://分布

 

アカボシゴマダラ幼虫

 投稿者:田口  投稿日:2017年 8月10日(木)21時33分7秒
   最近 アカボシゴマダラが家の周りを盛んに飛び回っています。もしやと思い家の周りのエノキを調べてみたところアカボシゴマダラの幼虫を見つけました。幼虫がいたエノキは1mほどの小さい木でこんな小さい木にいるのかと言う感じです。オオムラサキだったらもっと大きい木に
つくはずです。
 この幼虫が成虫になりその子が越冬幼虫になるのでしょうね。

http://分布

 

アカボシゴマダラ

 投稿者:田口  投稿日:2017年 8月 3日(木)19時05分4秒
   家の周りをゴマダラチョウらしい蝶が飛び回っているのですが確定することができないでいました。葉に止まっているところを撮影できアカボシゴマダラと確認できました。
 ここで5月に春型を見つけていますのでそれに続く夏型を見ているのでしょうね。
 いずれにしろアカボシゴマダラがゴマダラチョウに代わり広く分布するようになったようです。

http://分布

 

オオムラサキ

 投稿者:田口  投稿日:2017年 8月 1日(火)22時22分3秒
   家の近所で久しぶりにオオムラサキ(メス)を見ました。2~3年ぶりです。
越冬幼虫は毎年見るのですが成虫はなかなか見ることができませんでしたが ほそぼそと命の鎖がつながっているようです。
 

ヘイケボタル

 投稿者:田口  投稿日:2017年 7月 8日(土)21時45分35秒
   今年もヘイケボタルの季節になりました。7日夜 下の田んぼでホタルの数をかぞえてみました。65匹 去年とほぼ同じくらいでした。10年ほど前ほとんど見られないときに比べかなり増えています。  

アカボシゴマダラ春型

 投稿者:田口  投稿日:2017年 5月22日(月)21時23分40秒
   先日(16日)家の前の道路に白ぽい蝶が止まっていました。大きさはアサギマダラぐらいでしかも胸にアサギマダラと同じように白と黒の斑点がありました。アサギマダラの近縁種ではないかと思い図鑑で調べてみました。しかし該当するものは見当たりませんでした。
 結局 知人のご指摘によりアカボシゴマダラの春型とわかりました。夏型とは全く異なる紋様で気が付きませんでした。夏型ばかりでなく春型も広がっているのですね。
 

ホトトギス?

 投稿者:田口  投稿日:2016年10月19日(水)22時19分13秒
   今日 散歩していましたら目の前の電線にハトぐらいの大きさでもう少しスマートな鳥が毛虫らしきものを加えて泊まりました。実は昨日も同じ場所で同じ鳥を見ています。
 胸に縞模様があり飛び方がタカ類に似ていました。ホトトギス、ツツドリ、カッコウ互いに似ていますがカッコウかもしれません。渡りの途中なのでしょう。
 

アカボシゴマダラ

 投稿者:田口  投稿日:2016年 9月27日(火)20時59分3秒
   市原市内でアカボシゴマダラを見たという話をよく聞くようになりました。しかしながら家の回りではこの夏ゴマダラチョウさえ見ることが出来なかったのですが、今日ついにアカボシゴマダラを見つけました。熟した柿の実をなめに来たようです。
 市内でもゴマダラチョウに代わりアカボシゴマダラが広く分布しているようです。
 

ナナフシ

 投稿者:田口  投稿日:2016年 7月 2日(土)22時10分12秒
   久しぶりにナナフシを見つけました。我ながらよく見つけたと思います。
ナナフシは風の強い日、またはその次の日に見ることが多いですね。
 

ヘイケボタル

 投稿者:田口  投稿日:2016年 6月28日(火)22時24分22秒
   ヘイケボタルはゲンジほど珍しくないですがヘイケを探しに近くの田んぼを散歩してみました。あちらこちらにちらほら見られトータル58匹見つけられました。以前はここではヘイケもほとんど見られなかったのですが徐々に増えているようです。  

ツミ(2)

 投稿者:BATA  投稿日:2016年 4月 7日(木)23時57分49秒
  先に市内公園のツミについて投稿しましたが
昨日(4月6日)撮った雄の写真を追加します。
今日は一日 雨降りでしたが 雌雄とも頑張って
いるようです。

尚、前回 紹介させていただいた私のブログの
アドレスに間違いがありましたので 下記の通り
訂正致します。
「BATAの身近な自然」-Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/bata0302
 

スミレ

 投稿者:田口  投稿日:2016年 4月 7日(木)14時03分15秒
   スミレが道路わきにたくさんはえていました。これだけ生えているのもめずらしいです。
 スミレ類は人工的環境を好むものが多いですね。
 白いスミレが混じっている株がありました。白スミレではなくアリアケスミレだとおもいます。
 

レンタル掲示板
/28