新着順:7/2534 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

インカレインドア結果

 投稿者:副務 加藤季樹  投稿日:2018年11月29日(木)21時27分50秒
  通報
  今日の平成30年度全日本学生室内テニス選手権大会の結果を報告致します。

シングルス本戦2回戦
×岡垣 4-6 2-6 加藤(亜細亜大)

ダブルス本戦準々決勝
×鈴木・柚木 4-6 4-6 坂井・千頭(早稲田大)

宜しくお願い致します。本日は、シングルス2回戦とダブルス準々決勝が行われました。どちらも負けてしまい、法政のインカレインドアは終了致しました。以下、主将の鈴木のコメントです。「シングルスは、勝つチャンスがあっただけに、悔しい。安田トレーナーのトレーニングで体力的な不安は無くなったので、次の大会に向けて、技術アップに取り組みたい。
ダブルスは、1年生で準優勝して、優勝しか狙っていなかったので、悔しい。けれど、最近リターン練習を増やしてきて、そこの成果は十分出たので、力は付いてきていると思う。
法政大学全体では、同校対決などもあり、ダブルスでのベスト8が最高成績で、良い結果とは言えないが、練習での取り組みの成果が要所に表れていて、よかった。最終目標はリーグ戦、王座なので、これからも頑張りたいです。」
本人も言う通り、安田トレーナーのトレーニングの効果も発揮できて、単複2試合あっても体力負けをせず、最大限の力を出せていると思います。これからも継続して頑張っていきたいです。インカレインドアはこれで終了となってしまいましたが、次の試合に向けてまた一から頑張っていきたいと思います。これからも応援の程、宜しくお願い致します。
 
》記事一覧表示

新着順:7/2534 《前のページ | 次のページ》
/2534